出張にノートPCを持っていくことも多々ありますが、やはり携帯性にはいまいち優れておらず、大きな荷物となってしまいます。
どうしても高機能な処理やプレゼンが必要であれば仕方ないのですが、軽い文書作成やメールの送受信、必要文書の閲覧程度であれば、スマホでもできるのではないのか?と疑問に思いました。
ノートPCとスマホの利点を書き出してみると

ノートPCの利点

キーボードやタッチパネル(マウス)による正確な操作
大きな画面による文書などの見易さ
様々なソフトウェアによる仕事への利便性

スマホの利点

圧倒的な携帯性
と、利点を言えばやはりノートPCに軍配があがります。
しかし、最近のアンドロイドやiOSでもアプリを使用すれば、エクセルやワードなどの文書にも対応しており、PDFなどの閲覧も可能です。
ようは、スマホに不足しているものは、キーボードやマウスなどのデバイスと大きな画面(モニター)です。
ここを補えば、ノートPCにもとってかわることができるのではないのでしょうか?
まず、マウスとキーボードですが、ブルートゥース対応のものを購入すれば、昨今のスマホはブルートゥースの内臓のものがほとんどですので、入力はこれで対応できると思います。
そしてモニターですが、出先でモニターがある場所(ネットカフェやビジネスホテル)であれば、マイクロUSBをHDMIやVGA出力へ変換するアダプタを購入しれば解決します。
最近のスマホは動作も快適なので、いざ使用してみると、ノートPCと遜色ない働きをしてくれました。どちらにしても無線環境は必須ですので、2015年版ポケットWiFi比較で無制限のWiMAXを選んでください。同じWiMAXでもプロバイダ別にキャッシュバック金額が大きく異なるので、私はGMOをおすすめします。
お気に入りのノートPCがみつからない際、またノートPCまでは持ち歩くのはちょっと・・・という方は、上記3点を揃えて、スマホのPC化をしてみてはいかがでしょうか?